クレンジングはお肌に悪い!?

実は「クレンジングはお肌に悪い」、ってご存知ですか・・・?

普段メイクをクレンジングして洗い流すときは、水かお湯で洗い流しますよね。ですがファンデーションなどのメイクは油(オイル)できています。油は水では流すことができません。水に油を入れてかき混ぜても分離して混ざらないからです。

そこで油分であるメイクと水をなじませるために、登場するのが「界面活性剤」です。水やお湯で洗い流すタイプのクレンジングには必ず入っている成分です。この「界面活性剤」がお肌に刺激があるんです。ですが「界面活性剤」がないとメイクは水やお湯では洗い流すことはできません。

「それじゃあ、お肌のためにはどのようにクレンジングを選べば良いの?」という疑問がわいてきてしまいますね。

良いクレンジングの選び方とは?

ズバリ!界面活性剤の質と入っている量です。

価格的にも安すぎず、メイクの落ちが良すぎるクレンジングは界面活性剤の質が悪かったり、量が多すぎたりしてお肌に刺激が強すぎてしまうことがあります。

クレンジングは、お肌の土台となるものです。洗い流しすぎてしまうと、お肌を守ってくれる皮脂成分(肌のバリア機能)も一緒に洗い流してしまうことになってしまいます。そうなると、乾燥肌などの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

「DUOクレンジングバーム」シリーズは、やさしく落として、しっかりうるおすクレンジングです。一度使ってみると、その意味がわかりますよ!