DUOクレンジングがとろけるヒミツ

とろけるクレンジング

DUOクレンジングバームは全種類とも最初はカチカチのかたまりです。ですがなじませるとトロトロにとろけます。今回はとろけるヒミツを探っていきます!

DUOの公式サイトには、新感覚!「とろけるクレンジング」ってあります。

最初に見たとき、「とろけるクレンジングってどういうこと?」って不思議に思いました。クレンジングにとろけるとかとろけないとか・・・あるのかな?

クレンジングバームが初めて届いた時。「どんなクレンジングなんだろう」とドキドキしながら開けてみると・・・見るからにかったそう~な白くてカチコチのクレンジングが!

とろけるクレンジング

「え!?ナニコレ?干からびてる?大丈夫かな」って思ったんです。それで慌てて使い方を確認。基本的な使い方は、クレンジングバームの箱の裏側に書かれていたのですぐに確認することができました。

duo 説明

まずは付属のパチュラで、かたいクレンジングバームをすくいとるとのこと。
ですが、あれれ・・・やっぱり固いまま。

とろけるクレンジング

すくい取ったクレンジングを手のひらに乗せて、指でクルクルとなじませると、あら不思議。あっという間にトロトロにとろけました。初めてこのとろける体験をしたときは、正直驚きましたが、ここでやっと「とろけるクレンジング」という意味がわかりました。確かにとろけます・・・なるほど!これで納得です。

とろけるクレンジング

DUOクレンジングはなぜとろけるの?

DUOクレンジングバームがとろけるヒミツは、DUO独自の「毛穴クリアカプセル」。この「毛穴クリアカプセル」を手で押して、お肌になじませることでとろけます。するとカプセルがとろけて微粒子化します。

とろけるクレンジング

「毛穴クリアカプセル」には美容成分と洗浄成分がつまっています。洗浄成分と美容成分が毛穴の奥に入り込んで、汚れを絡め取ってくれます。これがクレンジングバームがとろける理由です。

クレンジングバームはとろけることによって、美容成分、洗浄成分を毛穴のすみずみまで届けてくれるのですね。とろけるにもちゃんとした理由があったんですね。

DUOは元祖とろけるクレンジング

とろけるクレンジングは他にもたくさんのメーカーから様々な種類が販売されています。私も他のクレンジングバームをいくつか使ったことがありますが、ですがどれも長く続けられませんでした。

DUOクレンジングバーム以外のとろけるクレンジングは、気温が高くなると全体的にやわらかくなってしまい、容器の中ですでにベタベタになってしまいます。顔にのせてもなんだか油っぽくベタつき感があって気持ちが悪いっていうか、圧迫感があるというか。さっぱり洗えないんです。

その中でDUOクレンジングバームは、唯一5年以上使っているクレンジングです。やはり使い心地が違います。まず気温が高くなってもベタベタ溶けたりしません。気温の高い夏でも容器の中ではしっかりと固形のまま。顔にのせてもベタつき感はなく、さっぱりとクレンジングすることができます。

DUOクレンジングバームはとろけるクレンジングの元祖とも言えるべき商品です。その使い心地は一度使ってみればわかります。